スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣焼き2013

毎年、仲間と出かけている高松の牡蠣焼きを楽しんできました。

今回は事前に衝撃的なニュースを知りました。
今年1月年明けに食中毒が発生し、保健所から4日間の営業停止処分を
受けていたことでした。


詳細はわかりませんが、おそらくお店には責任はなく
牡蠣を焼いて食べたお客さんがしっかり牡蠣を焼かずに
食べたから食中毒をおこしたのではないかと思います。

牡蠣は美味しい食べ物ですが、しっかり火を通して食べないと
そういった危険をもっていることを知らないで、安易に
楽しんでいると食中毒とかになってしまう可能性があることを
充分に理解して食べないといけません。

お店からするといい迷惑ですよね。


それと今回は別のグループが大勢で参加されていましたが
中には腕に抱くような小さな子供がいっしょにきていました。
小さな子供は菌への抵抗力も弱いと思うので牡蠣を食べさせて
大丈夫なのかな?と疑問に思いました。


私たちの行ってるお店は牡蠣を自由に楽しめるお店なんですが、
牡蠣を食べ慣れてない人は焼き具合をきっちり管理してくれる
お店で食べたほうがいいと思います。

今回は仲間にも「ちゃんと焼いてから食べよう」と呼びかけていました。



DSC2013_3081.jpg

さて、お店に入ると壁のいたるところにこの紙が貼られていて
しっかり焼いて食べることを案内されていました。

いつもはスコップで牡蠣をザザーッと鉄板の上に乗せてからは
あとはご自由にどうぞという感じなんですが、今回はおじさんが
入れ替わりながら牡蠣の焼け具合をチェックに来られて
いつもなら食べてる焼き加減でそろそろかなと思って触ろうとしたら、
おじさんから「もうちょっと焼いてから食べて」と注意されました。

お店のおじさんたちも食中毒をおこさないように見守ってくれています。

みんなも意識しているからかいつもより食べるペースが遅くて
いつものガツガツ食べる勢いがありません。


まぁ食中毒があったあとですから仕方ないですね。



DSC2013_3045.jpg

牡蠣を焼く鉄板のまわりには軍手、牡蠣を開くときのナイフ
口直しの大根スティック、レモンが準備されています。



DSC2013_3048.jpg

スコップでザザーッと牡蠣を焼けた鉄板の上に乗せてくれたら
我々で牡蠣の向きを凹んだほうを下に変えます。
この向きにしておかないと牡蠣が焼けてきた時に出てくる
美味しいエキスが流れていってしまいます。
そして焼けるのをじーっと待ちます。



DSC2013_3050.jpg

牡蠣が焼けてくるとパカッと開いてきます。
この頃になると潮の香りが漂ってきて牡蠣の美味しさが
頭の中に想像されてきます。



DSC2013_3056.jpg

殻の中のエキスがグラグラと煮立ってくると食べごろです。
お店の人によると貝柱がするっと外れるくらいがいいと言ってました。


DSC2013_3055.jpg

今回もいろいろ調味料を持ってきていますが、まずは何もつけずに
そのままで食べます。食中毒騒ぎはありましたがやっぱり牡蠣は最高!


DSC2013_3057.jpg


DSC2013_3062.jpg


しばらくは、そのままで牡蠣本来の味を楽しみます。

15個ぐらい食べた頃にそろそろアレンジして食べようかなと思い
まず初めにキムチ焼きからスタートです。


■キムチ焼き
DSC2013_3066.jpg

焼けてきて口の開いた殻を開き、牡蠣のエキスがグラグラと煮立っている
中にキムチの素を入れると殻の中がプチキムチ鍋になって牡蠣を美味しい
キムチ味に仕上げてくれます。

キムチ鍋の牡蠣の美味しさそのものので、美味しさは想像通りでした。
牡蠣とキムチの相性は抜群です。



■キムチ焼き+チーズ乗せ
DSC2013_3069.jpg

今度はキムチ焼きにモッツアレラチーズを乗せてみました。
キムチの辛さをチーズが和らげてくれて、これも美味しいです。



■ガーリックオイル焼き
DSC2013_3074.jpg

焼けてきて口の開いた牡蠣をいったん引き揚げてペーパータオルで
水分をとり、軽く塩コショウしてからフライパンにガーリックオイルを
入れて牡蠣を焼きます。

牡蠣とガーリックの相性は抜群ですね。美味しい。



■ガーリックバター焼き
DSC2013_3076.jpg

焼けてきて口の開いた牡蠣をいったん引き揚げてペーパータオルで
水分をとり、軽く塩コショウしてからフライパンにガーリックバターを
とかして牡蠣を投入。

ガーリックバターの香りが食べる前から美味しさを感じさせてくれます。

フライパンで焼いて食べると、普通の牡蠣焼きで食べる牡蠣より
身がキュッとしまって牡蠣の美味しさが凝縮される感じがします。

レモンを絞って食べるのもいいですね。



■牡蠣飯+牡蠣のみそ汁
DSC2013_3080.jpg

最後の仕上げは牡蠣飯+みそ汁です。

たっぷりの牡蠣を食べた後に食べる牡蠣焼きですが、
これがまた美味しいんですよね。


■お土産の牡蠣飯
DSC2013_3937.jpg

帰り際にお土産として牡蠣飯を渡してもらえるんですが
家へ帰ってから食べても美味しい!


今年も美味しい牡蠣焼きを堪能しました。

今回は、食中毒騒ぎがあったので、前半戦をしっかり焼くことに
集中してたのであんまりアレンジが出来ませんでしたが、
今回初挑戦の、キムチ焼き、ガーリックバター焼きは
抜群の美味しさでした。


みなさんも牡蠣焼きに行く時は、牡蠣の怖さを理解して
しっかり焼いて食べることを意識して、美味しい牡蠣焼きを
楽しんでください(^^♪









Nikon D80 + Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
スポンサーサイト

theme : 美味しいもの
genre : グルメ

comment

Secre

プロフィール

tomst

Author:tomst
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
ANA AMEX
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。