スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汗見川清流マラソン

四国の水がめ「早明浦ダム」近くをスタートする
高知の夏のマラソン「汗見川清流マラソン」に参加してきました。



P1010309.jpg



P1010305.jpg



開催日が7月31日(日)という南国高知の真夏のマラソンですが
今年の参加者は1000人を越える参加者がいたそうで
人気の大会になっていました。

昨年は、参加していなかったんですが、私が参加していた頃は、
早明浦ダム近くをスタートしてから
ゴールまで10kmぐらいを延々と上るマラソンだったのですが
昨年から往復コースとなって、ハーフマラソンも設定されていました。

参加者の県を見ても、四国4県をはじめとして中国・関西・九州・関東と
全国各地から参加されています。

ローカルな大会がいつの間にかメジャーな大会になっているようですね。




ここのマラソン大会の特徴としては、美しい川「汗見川」の川沿いの
道がコースになっているので、疲れが出てきてもふと横を見ると
透き通った渓流が流れているので気分的に癒されながら走ることが
出来ます。


D80_DSC_6928.jpg
Nikon D80(2007年)

D80_DSC_6931.jpg
Nikon D80(2007年)




P1010311.jpg

スタート地点の下流でもキレイなもんです。



P1010314.jpg

私が好きなのは、暑いマラソンを走り終わったあとにゴール付近の
川に下りていって水浴びが出来ることです。

以前は、川の上流で浸かっていたので水の冷たさに震えていたもんですが
ゴール地点では丁度いい冷たさで、みんながレースウエアのまま水に
どっぷりと浸かっていました。

アイシング&クールダウンに最高!!

更衣室横にもシャワーが準備されているんですが、ほとんどの方は
川に浸かって身体の火照りをさましているようでした。





P1010307.jpg

以前は、どこの大会に行っても計測用の黒くて丸いRCチップでしたが
この大会では「RSタグ」が使われていました。

仲間に聞くと「最近は大会によってはゼッケンに付いてあったり
大会によって違っている」と言ってました。

正確な計測をするためにいろんな技術が取り入れられているんですね。

コンピュータによる計測が行なわれているおかげで、
ゴールしたらすぐに、タイム・順位の入った完走証が
発行されるようになっていました。



さて、マラソン大会に参加したときの楽しみといえば、お昼ご飯です。

P1010200.jpg
(2008年参加時の昼食)

以前参加していた時は、上流の広場でよく冷えたソーメンと
田舎寿司が走った後のお腹を満たしてくれていましたが
今回はコンビニのおにぎりと紙パックのお茶になっていました。

準備なども大変だと思いますから贅沢は言えませんが、
かなうのであれば、以前のようにソーメン&田舎寿司の
昼食を期待したいです。


P1010320.jpg

物足りなかったので、出店で販売されていたチヂミを買って来ました。

ビールが欲しくなってきましたが車で来ているのでガマンガマン。



暑い夏のマラソンを楽しんできました。


今年は、11月に神戸でフルマラソンが開催されるようなので
行ってみたいなと思いますが、真夏のトレーニングで準備が間に合うか
どうか検討してみたいと思います。

スポンサーサイト

theme : マラソン
genre : スポーツ

comment

Secre

プロフィール

tomst

Author:tomst
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
ANA AMEX
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。