スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興を願って

今回東北地域を襲った大地震

私は、東北の中でも大きな被害をうけた宮城県には
特に強い思い入れがあります。

うちの会社の仕事先が宮城県にあって時々訪問しているのと
国体関係でつながりがあって知ってる人がたくさんいらっしゃったからです。



■高知の国体選手ジャンパー(2001年まで)
P1000807.jpg

高知国体は2002年に開催されましたが、私たちの前年(2001年)に
開催された宮城県には国体運営の勉強に行かせてもらっていました。

私の担当した競技の高知県の状況というと本来主役として運用しなければいけない
年代の人たちが運用にはかかわらず、人のいいおじいさん達が仕方無しに
やってる状態だったので、やり方としても旧態依然の体勢で
他県のかたからも「高知で国体は無理や!」とまで
酷評されていました。

私もプレーヤーとして、四国選手権、中四国選手権、全国大会に
出場したりしていましたが、他県では何の問題も無くスムースに
行なわれている運用が高知県内のローカルな大会でさえ
まともに運営出来ていない状態でした。

私が高知国体の運営担当として任命された時に心に思ったのが
「えらそうに言うてた他県の人たちを見返してやろう!」でした。

国体運営で他県がどんな方式でやってるのだろうと興味を
持っていたので、2000年開催の富山、2001年開催の宮城に
視察に行かせてもらっていました。

富山では人の配置や作業をいかに効率よくいくように考えるかを
勉強させてもらいました。宮城では国体前年に開催される
リハーサル大会から参加させてもらったので、宮城の国体を運営する
スタッフとも顔なじみとなりいろんな細かいことも勉強できました。

スタッフの中にコンピュータ関係のお仕事をやられている方がいて
宮城ではデータ集計や成績決定をデジタル化していました。

私もコンピュータ関係の仕事をしているので、高知国体の運営を
デジタル化してやろうという思いがあったので大いに勉強に
なりました。

もう何回も接しているのでそれぞれの立場の人から情報収集することが
出来ました。

私は知らない人ともすぐに仲良くなれる特徴があるらしいので
そういった性格も得をしてると思います。

宮城の人は今回の運用でうまくいってない部分も見せてくれたので
この部分に関しては改良の必要ありとかたくさん情報を吸収できました。

私はリハーサル大会から高知のデジタル化に取り組みました。

メーカーに依頼すると何百万もかかるプログラムも自分で作り上げて
自分たちの運用しやすいように改良していきました。

リハーサル大会に来られた中央の競技団体の役員から
「このソフトは何を使ってるの?」と問合せを受けたりしましたが
「自分で作りました」というとビックリされて「ぜひ参考にしたい」
と言われたので提供してあげました。

まわりの人からは「タダであげるとはもったいない!100万円ぐらいもらったら
よかったのにー」と言われましたが、私も宮城で勉強させてもらったから
システム作りが出来たので、このソフトで商売するつもりはありませんでした。

国体は全国47都道府県が順に開催しているので、開催県が
次の開催県に伝えていければいいなと思っています。

高知以降の開催県である、静岡・埼玉・岡山・秋田とかも
興味を持って視察に来られていました。

リハーサル大会をうまく運用できたので、高知の運営が
全国で有名になっていました。
「高知にスゴイやつがいる!」と噂になっていたそうです。
私からすると普通のことを普通にできるようにしただけなんですけどね。

翌年の2002年高知国体の時は各県から視察に来られた人から
各地のお菓子持参でご挨拶頂いたので、たっぷりのお菓子を
空き時間に頂戴することが出来ました。

その中には、今まで高知をバカにしていた県の人たちもいて
態度がコロっと変わっていました。

それを知って仲間とこっそり、ガッツポーズをしていました(^^)



高知の次の開催県である静岡の国体に行ってた人からも、
競技中央役員から声をかけられて「Tシステムが大活躍してる」
と言われたそうです。

「Tシステム」とは私の名前の頭文字が「T」なので
私の作ったシステムを「Tシステム」として後催県に
伝わっているようでした。

後催県でも活躍してくれているとは、うれしいもんですね(^^♪

最近、競技からは引退しているので今はどうなっているかは
わかりませんが、たぶんもっといいシステムが開発されて
利用されているのだと思います。

ひょっとして「Tシステム」が未だ使われていたりして・・・(^^ゞ


国体が終わってからも全国の方から問合せを頂いたりして
私はプレーヤーとしては無名でしたが、国体運営スタッフとしては
全国レベルの有名人になっていたようです。

そういう私に国体運営の基本から教えてくれた宮城県の
スタッフのお陰だと思っています。

今回の東北地震で宮城県が大きな被害を受けたことを知り
みなさんがご無事でありますようにと願うばかりです。

今、私が出来ることとして義援金を送らせて頂きました。

特に思い入れのある宮城県の人たちの復興に役立てて頂こうと
思って自分なりにかなり頑張って送らせて頂きました。

テレビニュースとかを聞いていると「義援金詐欺」とかを
企む人たちもいるようで、許せません!!

義援金を送られるかたは信頼できる機関から送るように
気をつけましょう!

少しでも被災されたみなさんのお役立ていただけますように!





スポンサーサイト

theme : 独り言
genre : ブログ

comment

Secre

プロフィール

tomst

Author:tomst
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
ANA AMEX
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。