スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡蠣焼きに行ってきました!

仲間と高松へ牡蠣焼きを楽しみに出かけました。

香川県の志度湾は牡蠣の養殖が盛んなようで高松市牟礼町には
牡蠣焼きのお店がたくさん賑わっています。

今日は西日本地域は今シーズンでいちばん強い寒波に襲われるということで
センター試験も行なわれる週末は大雪の予報が出ていましたが
我々は美味しいものを食べに行くとなったらガマンできずに
強行突破で出かけました。

昨シーズンは広島で牡蠣を食べたこともあって
行ってなかったので2年ぶりの牡蠣焼きになるので
みんな楽しみにしています(^^♪


今回行った牡蠣焼きのお店は「中西」です。

■牡蠣焼き中西
D80_DSC_2923.jpg


ここのお店の好きなとことは調味料や牡蠣を焼くのが
お店の人に催促されなくて自分たちの自由なペースで
行なえるということで、好きなんです。

※初めて牡蠣焼きに行かれる方はどれくらい焼いたら
 食べごろなのかわからないと思いますので、
 お店の方が細かくお世話してくれるお店をお勧めします。

 例えば「かまくら」とか・・・。



D80_DSC_2904.jpg

お店の人が四角い鉄板の上にスコップでザザーッと牡蠣を
乗せてくれます。

テーブルを囲んだみんなで牡蠣を並べ直します。

牡蠣は二枚貝になっていて片方は丸く膨らんでして
もう片方が平らになっています。

鉄板で牡蠣を焼く時は丸く膨らんだほうを下にして焼かないと
牡蠣の美味しいエキスがこぼれてしまいます。

だからスコップで鉄板の上に乗せられた牡蠣の向きを
直すことが牡蠣焼きの第一歩の作業になります。



D80_DSC_2907.jpg

牡蠣の向きを並べ直したら牡蠣が焼きあがるまでジッと待ちます。

潮のいい香りがプーンとしてくると牡蠣がそろそろ焼けてきた
サインです。


D80_DSC_2913.jpg

牡蠣の口が開き始めて中のエキスが噴きあがり始めたときが
食べごろです。


D80_DSC_2908.jpg

焼けた牡蠣をお店で準備されているナイフを牡蠣のすき間に
差し込んで開きます。


D80_DSC_2909.jpg

牡蠣を開くとツヤツヤのジューシーな牡蠣の身が
現れてきます。

美味しそう!

今回もみんながそれぞれがいろんな調味料を持ち込んでいますが
まずは牡蠣本来の味を楽しむために、何もつけずに
そのままで頂きます。

海水の塩味と牡蠣のエキスに味付けされた牡蠣はほんとうに美味しいです。



D80_DSC_2906.jpg

今回持ち込んだ調味料の一部とお店で提供されるレモンです。

ゆずポン、ゆず味噌、マヨネーズ、ケチャップ、もろみ味噌
ゆず胡椒、大根おろし、ネギなど・・・


D80_DSC_2914.jpg

ゆず味噌+ネギ

どちらかというと甘い感じの味噌で美味しく食べましたが
食べ続けるとちょっと重たくなるかな。

いろんな味の合い間に食べると新鮮味があるかな


D80_DSC_2916.jpg

ケチャップ+ネギ

ケチャップ味はご想像の通りだと思います。

何かもう一工夫すると美味しくなるかも



D80_DSC_2917.jpg

大根おろし+ゆずポン

この黄金の組み合わせは絶品です!!


(docomo P905i)
P1000715.jpg

マヨネーズ焼き

食べごろの牡蠣の殻を開いてマヨネーズを乗せ、再度鉄板の上で焼きます。

焼けたマヨネーズの味は牡蠣との相性ピッタリ

仲間からも今回好評でした。美味しかったです。


(docomo P905i)
P1000716.jpg

もろみ味噌+ネギ

前回の牡蠣焼きで好評だったこの組み合わせも抜群の美味しさです。



D80_DSC_2918.jpg

牡蠣飯

牡蠣をたっぷりと頂いてオーダーストップすると

最後に牡蠣飯、みそ汁、漬物が出てきます。


D80_DSC_2919.jpg

今までたっぷりと牡蠣を食べた後ですが、
牡蠣エキスをたっぷり含んだ牡蠣飯は絶品です!

たっぷり2時間牡蠣を堪能出来ました。



D80_DSC_2921.jpg

我々がお店で頂く以外に、販売店やお食事処への出荷も行なわれているようです。

よく考えてみたら、私たちは「讃岐うどんツアー」に出かけて
美味しい讃岐うどんを食べさせてもらっていますが、
元々は製麺所としてうどん店や販売店に卸しをしているのを
出来たてを食べさせてもらいはじめたのが製麺所で食べるうどんの
ルーツだと思いますが、牡蠣に関しても同じなのかな?

養殖した牡蠣を海からあげたばかりの新鮮なうちに食べさせてもらおうというのが
牡蠣焼きのお店なのかなと思います。



D80_DSC_2922.jpg

出荷準備の整った牡蠣でしょうか。


D80_DSC_2924.jpg

ここのお店では牡蠣を食べるときにカラフルなエプロンが準備されています。

牡蠣が焼けてくると牡蠣の殻がバチバチと飛んできたり、
中の牡蠣エキスがはじけて飛んでくる時があります。

エプロンは必須ですね。


牡蠣の殻やエキスが飛んでくるし、服に潮の香りが染み込んでしまうので
牡蠣焼きに出かけられるときは、いい服は着ていかないほうがいいと思いますよ。




D80_DSC_2927.jpg

志度湾には牡蠣の養殖用イカダが並んでいます。


D80_DSC_2928.jpg



たっぷり美味しい牡蠣を堪能してきました。


さて、高松からの帰りですが、交通情報を見てると 50km/h 規制が出ていました。

(docomo P905i)
P1000722.jpg

高知自動車道はこんな状態でした。

暖かい時間帯に帰らないと通行止めになりそうな状態でした。

我々は無事家に帰り着くことが出来ました(^^)v

土日にセンター試験を控えている受験生の皆さん
寒さに負けずに頑張ってくださいね。





※最近はメインカメラとしてNikonD700ばかり使っていましたが
 久しぶりにNikonD80を持ち出してみました。
 感覚の違いに戸惑いながらも久しぶりのD80での撮影を楽しみました。
 




Nikon D80 + Nikon AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
docomo P905i
スポンサーサイト

theme : 美味しかった♪
genre : グルメ

comment

Secre

■セレンさん

今が旬の牡蠣は抜群に美味しかったです。

たっぷり堪能してきました(^^♪

あああ~~~ここよ ここ っこっこ e-78
行きたい 行きたいって 思いながらも 行ってないのです e-446

食べたいなぁ~e-456
プロフィール

tomst

Author:tomst
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
ANA AMEX
FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。